ナチュラルな家とはどういうものか

subpage1

住宅のインテリアというと、何々風にしたいという好みがあるものです。
それはただ見聞きしたことのある漠然とした言葉であったり、実際にスタイルの種類まで情報を集めてその中から選ばれたものであったりします。

良く知られているスタイルにはナチュラルやモダン、カジュアルやクール、エレガント、カントリー、和風、アジアンなどがよく知られていて、それらをミックスした形も幾らかの種類が知られています。

そして詳しく細かく分けると26種類に分類されるという分け方もあるようです。
外国では住宅に主として使われる材料もその国によって違いがあり、大理石を使う国もあれば木材を使う国もあります。



日本人は古来から国産の木材を使って来ましたから、そのぬくもりや肌触り、木目や香りなどに親しんで育って来ている実情があります。


そして無垢材は独特の愛着がありよく家具などに取り入れられます。

ナチュラルスタイルはまるで自然の中にいるような同じ木製の家具や小物でもって囲まれたスタイルのものを言います。
観葉植物などと一緒に計画すると違和感なく暮らすことが出来ます。
ナチュラルな家は基本的にはソフトトーンの木材や白色を基調としてファブリックやインテリア小物でバランス良く配置される場合が多いものです。
北欧風のものとうまく融合させるには木目調の木材と北欧風のテキスタイルを追加したりデザイン照明器具を使用したり、ポップ調のアクセントを加えたりします。

朝日新聞デジタル情報は信頼性が高く、好評です。

これにシック調を加えるとガラスや鉄の要素が入り大人寄りの感じになります。


木目調の内装に白の要素を取り入れると清潔感があってモダンで且つ落ち着いた雰囲気になります。



レトロ調の家具を配置するとフォーマルな雰囲気が出せ居間などはしっくりとした感じになります。