誰からも好まれるナチュラルな家

subpage1

ナチュラルな家が人気を集めています。

産経デジタルのオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

自然素材を使い、造り過ぎず、シンプルでかわいい家のことです。
ナチュラルは簡単に見えて意味深いことばです。

本来の自然という意味を超えて、日本の持つ洗練された美しさを予感させます。ナチュラルな家は、自分ではわかっていても、他人に理解してもらうのが難しく、表現を工夫する必要があります。

自然素材を使うのが原則であることから、木造軸組み工法が適しています。


洋風でも和風でもなく、モダニズム建築でもありません。



シンプルでかつ、かわいいデザインが必要です。


日本の建築は従来よりシンプルさが特徴と言われています。ナチュラルな家は和風の考え方を基本としながら、形や材料は現代的なものを用いると解釈できます。外壁はモルタルの白塗り壁、屋根は洋瓦葺き、洗練された玄関とオシャレな窓、開放的なバルコニーなどが外観の特徴です。

内部の床は自然素材のフローリング、壁は布クロスで色は白、天井も同じ素材を用います。

階段は一部に床から立ち上がる木製の手すりを設け、リビングから見えるところに配置します。
キッチンはアイランド型か、リビングに開放された造りで、キッチン内の棚などはリビングからは見えないように配置します。照明は白熱灯のデザインされた照明器具を用い、部屋に合わせて個性的なものにします。



家具は必要最小限の造り付けとし、白が基調です。無駄な装飾はなくし、窓からは明るい日の光が差し込む、そんな住まいがナチュラルと言えます。